バギオで英語留学。おすすめの学校紹介

日本ではまだあまり知られていませんが、フィリピンは世界で3番目に英語を話す人が多い国です。実際にフィリピンの学校の授業は小学校から全て英語で行われており、また映画館ではアメリカの映画が当然のように字幕なしで上映されています。企業もその高い英語力に注目しており、IBM、マイクロソフト、米シティバンク、パナソニックUSA等アメリカや日本の大企業のコールセンターがフィリピンに多数あります。2010年にコールセンター事業の売上がインドを越したことからも、どれだけ多くのコールセンターがフィリピンにあるかが分かるかと思います。

 

 そんなフィリピンの英語力に着目し、近年語学留学もとても盛んになってきています。日本からは年間2万人もの人が留学のため渡比しています。多くがマニラやセブと言った日本人に馴染みの深い場所ですが、バギオにも100とも200とも言われる韓国資本の英語学校と、3つの日本資本の英語学校があります。バギオはマニラやセブと違い標高が高く涼しいため勉強に集中でき、また治安もいいため安心して滞在できます。

 

 TALAではエージェント等のフィルターを通さない生の情報をご提供していきます。

また、英語学校選択のための下見ツアーも受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

tala.guesthouse@gmail.com