バギオの名門校・セント・ルイス大学(SLU)に英語留学しませんか?

せっかくフィリピンに英語留学するなら、大学のESL(English as Second Language、第二言語としての英語)プログラムで、世界各国の友達たくさん作りながら学んだらいかが?バギオの名門大学・セント・ルイス大学(SLU)では、11月開始の後期のESLスチューデント募集中です。通いでクラスでの授業。その分、格安で名門大学の一流教師たちに英語を学べますよ。

フィリピンに格安英語留学したいけど、
「日本人ばっかりの日系の学校じゃクラスメイトとつい日本語しゃべってしまいそう」
「といって韓国人経営の学校で毎日から~~い韓国料理食べながら外出禁止で英語を勉強するのもなんだかな~~」
「せっかくフィリピンにいるのだから、フィリピン人の友達もたくさん作って、英語をがんがん話した方が上達するんじゃないかしら?」
という人にとっておきの情報。

日本の人にはほとんど知られていませんが、
バギオの伝統ある名門校・セントルイス大学(SLU)にはEnglish Proficiency Program (EPP)という外国人向けの英語教育プログラムがあって、世界中の学生たちが学んでいます。教員のレベルの高さでは定評のあるSLU。 大学内のInstitute of Foreign Languages and International Studies がこのEPPプログラムのカリキュラムを行っています。大学の一流の先生たちに英語が学べる素晴らしいチャンスです。
 
どうしてもマンツーマンの授業じゃなくては!という人には向いていませんが、世界各国の学生にもまれてフィリピンの大学生活を味わいながら英語を学びたい人、大学や大学院への留学を考えている人にはぜひぜひお勧めです! 

そして5ヶ月間の下宿先は、自炊も洗濯機も備えたTALAで! ぜひお問い合わせください!

~~~~~~~~~~

Saint Louis University(SLU)
English Proficiency Program (EPP)

期間:5ヶ月(6~10月、11月~3月)
スケジュール:1日5時間、月~金曜日
授業料:48,000P/5ヶ月(SSP費用4,740Pは別途必要)
入学手続きに必要なもの:パスポートのコピー、5枚の証明写真
平均人数/クラス:12人
現在の学生数:25人(2クラス)
カリキュラム:
1. 文法
2. 発音
3. 読み書き
4. イディオム
5. 会話
※入学月でなくても、ボスがOKと言えば入学させてもらえる。かも。
※卒業したら、終了証がもらえる。

一か月分の語学学校の費用で5ヶ月間、バギオの名門大学で英語を勉強できます。クラスメイトは、東欧人、ブラジル人、中国人、韓国人など様々です。
http://www.slu.edu.ph/index.php/international-programs

 

マニラのESLプログラムについてはこちらのブログで紹介されています。

http://1on1english.blog18.fc2.com/blog-entry-271.html

 


お問い合わせは、
tala.guesthouse@gmail.com 河野まで